何故、学校に行けないのか?

いじめによる不登校になる児童がいますが、原因がはっきりしていたため、解決方法も明確です。
そうではない、不登校のお子様も多いと聞きました。
 
原因不明の体調不良により「学校に通いたいのに、行く事が辛い」という児童が多くなっているというのです。
保護者の方も頭を悩ませて、神にも仏にもすがりたくなる気持ちはわかります。
私のところにも、お子様向けにヒーリングのご依頼が絶えません。
 
 あなたのお子様は
「学校に行くと疲れる」
「電車通学で疲れる」と言っていませんか?
 
 実はこういったお子様は

「エネルギー不足」
『エネルギーが漏れている』
「チャクラが弱っている」
ということが
原因の一部であるということがわかりました。
 
特に「人が集まる場所に居るだけで、気持ち悪くなる」という感覚があるようです。
平成生まれのお子様は特に、エンパス体質を抱えている方が多いようです。
 
エンパス体質のために、周りからの負の感情エネルギーの影響を受けやすく、良いエネルギーを吸い取られてしまっているのです。

しかし、学校側はそういったことを理解してくれることはありません。


自分のことは自分で守っていくしかないのです。
そこで、宇宙真形図をお勧めします。

https://peraichi.com/landing_pages/view/the-universe

このようなお子様にお勧め

  • 外出から帰ってくるとグッタリして寝てしまう
  • 環境が変わると、具合が悪くなる
  • 片頭痛が頻繁にある
  • 外出から帰ってくるとグッタリして寝てしまう
  • 平熱が低い低血圧である

学校は大勢のお子さんがいますから、エネルギーに敏感なお子さんは、辛い場合もあるようです。

何でうちの子は・・・と思いたくなるのも無理はありません。

私の子供たちも同じようなことがありました。
今はもう大人ですので、聞いてみました。
『何故、あの時、学校に行けなかったの?』と。

返ってきた答えは・・・

『なんでいけなかったのかがわからなかった』と言うのです。
あんなに悩んで、話し合って、学校にも行って先生と話したり、できることはやったつもりでした。
でも、本人にしてみると、親の心子知らずで、わからないというのです。

私の子供たちもエンパス体質ですし、エネルギーに敏感です。

今言えるのは、先生や親に不登校の理由を聞かれても、『わからない』としか言えなかった自分が苦しかった。と言います。

もしかしたら、あなたのお子様もあるかもしれませんね。

苦しい思いから一日も早く解放されることを願ってやみません。

マダム・レジーナが電話にてご相談を承っております。

https://coconala.com/pservices/740393