みちびきヒーラーのマダム・レジーナです。

国の制度として働き方改革が施行されました。

会社に所属しながら、副業をもったり、思い切って開業される女性も多くなってきましたね。

 

今日は、起業したての人が陥りやすい5つの「ワナ」とその解決法についてお話したいと思います。

 

今回の記事を読むことで、すでに起業している人も、これから起業しようと考えている人も、

ちょっとしたことに気をつけるだけで、不安なことを感じることなく、ご自身の理念をもって夢をかなえていけるようになります。

起業女子が陥りやすい「ワナ」

 1:人とのつながりことに集中してしまいプライベートがおろそかになってしまう。

ビジネスにおいて、一番大切なことは、人とのつながりを持つということです。

ほとんどのコンサルティングを生業としている方々が口をそろえて言います。

Facebookなら5000人のお友達。インスタグラムなら10000人以上のフォロワー、

ライン@への誘導など、人とのつながりを持つためにやることはたくさんあります。

でも、夢中になってやるのはいいのですが、人とのつながりをつくるために時間を費やし、気が付けば24時間仕事していた。と言うことにもなりかねません。

そうなると、家族や、パートナー、昔からの友人との関係もうまくいかなくなってしまいます。

【解決法】

人とのつながりをつくることは大切なことですが、まずは身近な人を大切にしましょう。

その上で、自分の仕事を理解してもらい、協力者になってもらうとのがお薦めです。

 

2:あおられるばかりで、やらされてる感が否めないビジネスコンサルタント

 

自分と相性のいいビジネスコンサルタントを選びましょう。

「○○するだけで月商100万円!」とか、『売り上げが10倍』などのキャッチコピーがありふれていますね。

お客様の声が掲載されていると、つい、自分も月商100万円をすぐ稼げると思ってしまいがちになります。

また、無料説明会に参加したら、結局のところ、高額なコンサル料金を提示されて、どうしようかと悩んでいると、今日決めないと特典が付きません。なんてあおられてしまう。気が付くとサインしてた!なんてこともあります。

しかし、いざ、講座やセミナーが始まると、全くと言っていいほど中身がなかったり、私が必要としているのはそこじゃないんだけど・・・と言うことが多々あります。

【解決法】

自分がどういう起業を目指しているのかを明確にし、どういう人がその解決方法を知っているのか?

しっかりとリサーチをすることをお勧めします。

3:あれこれ学びたいという欲求にかられ、結局セミナージプシーになってしまう

一つ学んだら、次に進むと言ったように、学びを確実にしていきましょう。

起業して間もないころは、自分が思うような売り上げが見込めないことがあります。

そうなると、人は不安になり、自分のやり方がいけないのか?とか、何かが足りないのか?と悩みだしてしまいます。

それを解決してくれるのは、セミナーだと勘違いし、転々とセミナージプシーになってしまう人がいます。

【解決法】

まずは、こつこつと一つずつ丁寧に学びましょう。

中途半端に学んでしまうと、結局どれもうまくいかないことになります。

急がば回れと言う諺もありますので、しっかりと腰を据えて取り組む姿勢が大切です。

4:無理な自己アピール

SNSでキラキラしている自分を装っていると、だんだんしんどくなってしまいます。

本当に自分自身がわくわくしていて、楽しめているときなら、キラキラ投稿も問題はありません。

そういう波動が写真とともに伝わってきます。

もし、そこに無理している自分がいたら、顔ではにこにこしているけど、心では『なんだかなぁ~~』と思っているのだとしたら、それも波動として、写真から伝わってしまうものなのです。

SNSの投稿では、いつもキラキラして見えたのに、実際になったらそうでもなかった・・・ということがないようにしましょう。

たかが写真と思わないでください。写真からも、人は無意識に波動を感じ取っています。

【解決法】

適度な自己アピールは必要なことですが、過度にならないように気を付けましょう。

SNS発信では、クライアント様との信頼関係を築くものです。

キラキラを発信するところにこだわらず、起業家として情報提供をしていきましょう。

5:同業者と比較してしまい、できない自分に焦ってしまう。

同業者や他の女性起業家たちの活動を、過剰に意識したり、同業者の成功に嫉妬して

どんどん嫌な自分になってしまう。

SNSなどで、同業者がキラキラしている写真を見ると、焦ってしまうこともあると思います。

『なんであの人はうまくいっているのに、私はうまくいかないんだろう。』とか、

『私には向いていなかったんじゃないか?』と、ネガティブなことを考えてしまい、

悶々としてしまっているのだとしたら、それは、他人と比べてしまっていて、自分の本質が見えなくなっているということです。

【解決法】

自分の軸をしっかりと持つことが大切です。

お客様の役に立っているのか?

お客様の役に立つようになるためにはどうしたらいいか?

人と比べることではなく、常にお客様へどういう提供ができるか?を考えることが大切なのです。

あの人のビジネスがうまくいったからと言って、それを真似するのではなく、自分のビジネスに置き換えて

自分だったらどういう提供ができるのかを考えましょう。

同業者と自分を比べることは無意味なことです。

そのことをしっかりと胸に刻んでおきましょう。

まとめ

私は起業、間もないころ、あおられて髙いコンサル料を支払ったことがあります。

結局、決めたのは自分なのですが、その時は、その人の教えのとおりにすれば、うまくいくと思ってしまった、
安易な自分がいました。

そのコンサルの人のセミナーに参加しましたが、キラキラ女子にうんざりし、私が望んでいたやり方と違うことに気づき、半年間を以て退会しました。

今思うと、大金を払って痛い勉強をしたことになります。

でもそういう経験があるからこそ、こうして私の失敗を踏まえてお知らせすることができます。

『好きなことを仕事に』というフレーズがあるように、ここ数年で女性の起業家が増えてきました。

女性が起業を成功させるには、起業しよう!と思った時から、準備をすることがたくさんあります。

女性は感覚的に物事を考えるとされていますので、理論から学ぶ必要があります。

  • ビジネスの基本をしっかりと学ぶ
  • ビジネスにおいて、必要だと感じた人とのつながりをつくる。
  • 自分のビジネスをどうやって活性化させていくかを知る
  • 自分の軸をしっかりと持つ(ブレナイ自分になる)
  • 冷静な判断をする。

こうしたことがしっかりと自分の根底にあると、もし、起業後に良くない状況になっても、悩み苦しむことなく、解決できます。

すべては「自分」ですので、もし、自分には、人と比較してしまう癖や、嫉妬や、不安な気持ちが拭えないと感じたら、マダム・レジーナの『起業女子のための個人セッション』を受けてみてください。

起業女子のお悩み解決のための個人セッションは、こちら⇒

悩みが解決され起業家としての一歩を踏み出すことができますよ。

そして、自信を持ってあなたの夢を叶え、一人でも多くのお客様を幸せにしてくださいね。