夏至の過ごし方

神様を味方に付ける みちびきヒーラーのマダム・レジーナです。

2017年6月21日は夏至です。
1年で一番長く太陽の光があたる一日です。
また、一年の折り返しにあたる日でもあります。

この重要な一日をどう過ごしますか?

夏至までの半年間をいかに過ごしたかによって、夏至からの半年はその変化が具体的に現れてくるといわれています。

この半年を振り返ってみて、皆さんはどういう半年間だったでしょうか?
中にはちょっとドキドキしている人もいるかもしれませんね。

そして24日がかに座の新月です。

2016年の夏至は6月21日で、前日の6月20日が満月でした。

今年は夏至は同じ日ですが24日が新月になります。

本当の意味での「リセットする」や「生まれ変わる」という言葉がぴったりくるようなタイミングです。

このタイミングを活かさない手はありませんね。

夏至の日の日出と日の入り時刻について

東京は日の出 4:25日の入 19:00となっております。

国立天文台の各地のこよみというサイトに詳しい日の出と日の入りが掲載されていますので

各地域の方は調べてみてくださいね。

山に登らなくても夏至の日の出を見ることはできますので、朝日をしっかりと浴びて

太陽のエネルギーを目いっぱい、いただいてください。
もし、曇っていたとしても、雲の向こうには太陽がありますので、イメージするといいでしょう。

さて、冬至までの半年間、2017年の集大成となるようにお過ごしくださいね。

【無料一斉ヒーリング】in 京都鞍馬山受付中です。

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

マダムレジーナ

占い師として鑑定をしていくうちに、占いだけではクライアントさんを癒せないとわかり、ヒーリングを勉強し、取り入れるようになりました。3年間、新橋や千葉で対面の鑑定を行い、実績は1,000名以上になります。今は、みちびきヒーラーそして、インディゴチルドレンのためのトラウマ解除ヒーラーとして活動しています。